包茎手術を受けてよかったこと

包茎手術を受けてよかったこと

 

 

包茎に悩みはじめたのが15歳のとき。
それから16年経ってから包茎手術を受けました。
今思えば、もっと早く手術を
受けておけばよかったと思います。

 

 

包茎を気にしてから、男としての
自信を持ちきれなかったのは事実だと思いますし。

 

 

ですが、皮がなくなっただけで、
こんなにも気持ちが違うのであれば
早く手術を受けてしまうことが
一番の解決方法だったのかなと思います。

 

 

包茎の宿命として、大事なところが臭くなりますし
しかも、この臭いは腐ったチーズなんて言われ…。
当時の彼女は場所が場所だけに
何も言わなかったのだと思いますが
本当は、臭いが気になってなんではないかと思います。

 

 

昔に別れてしまった彼女はこれが原因だったのでは…。
なんて思ったりします。
しかも、雑菌が多くなり、子宮にも良くないなんて
パートナーにとっても、良くないですし。

 

 

ですが、今はもう、包茎ではなく
男としての自信も取り戻し
堂々としていられます。
女性にもいいことだし、
大浴場で、ネガティブに前を
隠すことも必要なくなりました。

 

 

かなり大げさに聞こえるかもしれませんが
男として自信を持てている今、
過去のことを思うと、人生が変わったと思ったりします。
以前のネガティブな感じがなくなり
これからはもっと楽しく過ごせると思っています。

 

 

そんな私ですが、早く包茎手術を
受けていなかった理由を
振り返っておこうと思います。
これは、もし、包茎手術を検討されている方が
私の記事を読んでくれて、早く自身を持った自分に
なってもらえたらと、後押しができればと思ったので。

 

 

私が包茎手術に踏み切れなかった理由は以下の3点です。
1.包茎手術はかっこ悪すぎる
2.お金がかかる
3.術後、1ヶ月、完治するまで長いと思った

 

 

1.包茎手術はかっこ悪すぎる
一番の理由は、これでした。
男として、男性のシンボルのコンプレックスを
ある意味で認めることができなかったんだと思います。

 

 

包茎手術を受けることが自分の
アソコがダメなことを
認めるような気がしたんです。
そのため、包茎にについては
目をそらしていたとも思います。

 

 

包茎っぽいけど、大丈夫。
少し臭いかもしれないけど自分だけじゃない、
そんな人だって多数いて、異常なことなんかじゃない
と言い聞かせてたような気がします。

 

 

しかし、今だから言えますが
そんなことを思っている時点で
ネガティブ、治してしまうべきだと思うです。

 

 

確かに、大事なところだけに
異常に意識をし過ぎて
決断が遅くなったのも事実です。
例えば、体のどこかが悪くなったと感じたら
早めに病院に行って、治ったら
良かったと思うでしょうし完治したあとは
悪くなったことを気にもしなくなると思います。

 

 

そんなこともあったね、と振り返る程度だと思うんです。
ですので、勇気を出して
一歩を踏み出してみてもいいのでは
と、今は思っています。

 

 
2.お金がかかる
については、当然、安い手術ではありませんので
現実的に壁にはなることだと思います。

 

 

人によっては、保険適応の症状で安くしたいから
保険を使って、手術をうける方は
ある程度費用を抑えられるかもしれません。
この方法を選択されるのも全く否定しません。

 

 

ですが、私個人が専門の
クリニックを選んだ理由もあります。
包茎手術は、コンプレックスを
解消するための手術でもあるので
包茎を治すのは当たり前で、仕上がりも
自然であって欲しいと思っていたんです。

 

 

具体的に言うと
仕上がりが悪く、ツートンカラーになる、
性感が悪くなるといったことは
絶対に避けたかったんです。

 

 

 

    

 

 

 

こんなことになると、新たなコンプレックスに
悩まなければいけなくなります。
コンプレックスを解消するための手術ではなかったのか、
と私なら、本末転倒だと思ってしまうからです。

 

 

費用を安くするために、こんな事態に遭遇してしまった人は
再手術をして、苦労も2回、費用も2回。
こんなことにもなりたくなかったので
一度できちんと希望通りにしてくれる所で
包茎手術を受けることが大事だと思ったんです。

 

 

しかも、お金についてですが、
がんばって貯めれば
貯められない金額ではないと思います。
私も貯めることができましたから。
ローンもクレジットも使えるみたいですし。

 

 

そう、やりようはあるんです。
金額的には、車の免許を取るために
必要な費用よりも安いような気がしますし。

 

 

何より、とても大切な自己投資として
認識しても言い過ぎではないと思います。
これでその後の人生は違うものになると思いますので…。

 

 

3.術後、1ヶ月、完治するまで長いと思った
手術が30分程度で終わることは
包茎手術を調べてすぐ分かりました。
ですが、その後の痛みや1ヶ月の治療期間がとても怖く
手術もかっこ悪いことだと感じていました。

 

 

例えば、手術が一日で終わって、
その後、アソコに包帯を巻いたりせず
抜糸もせず、オナニーも我慢しなくていいなら
さっと済ませたいのにな、なんて思ったこともあります。

 

 

また、自分に限って、血がたくさん出て
えらいことになったら嫌だなとか
手術で失敗して、ひどい目に
あったらどうしようとか
そんなことも思いました。

 

 

ですが、現代の技術は進んできていると思いますし
実績があって専門技術もあるクリニックで
手術を受ければ今どき、そんな
ひどいことにはならないとも思ったんですよね。

 

 

と、こんな私ごとを書いてしまいましたが
手術を受ける前は
こんなことは言えなかったと思います。
ネガティブな自分が大きかった気がしますから。

 

 

手術を受けてよかったこととして、
こういうことが言えるようになったのも
その一つと言えるかなと今は思っています。

 

 

と言いながらも、どういった選択を
するのも本人の意向でいいと思っています。
この記事を読んだからといって
包茎手術を受けなければいけない、
なんてこともありません。

 

 

もし、手術に迷っている方がいて
何年か経ったあとに「良かった」と
思ってもらえる選択をしてもらえたら
いいなと思っています。

 

 

今後の男としての人生、
私は、楽しく過ごせる気がします。
そんな方が1人でも増えてくれればいいなと思います。

 

 

次のページ「包茎の相談に迷ったら」へ

 

 

包茎手術サイト TOPページに戻る