包茎の種類

包茎の種類

包茎の種類について書いておこうと思います。
というのも、自分がどのタイプの包茎なのか
きちんと理解しておき、どういった状態なのか
把握すれば、どういうことが問題かわかると思うからです。

 

包茎の種類と症状

 

種類

症状

 3種類の包茎 真性包茎 真性包茎は、皮の出口がとても狭い状態で、平常時、勃起時、共に皮からチンチンが少しも出ることができない症状です。
カントン包茎 嵌頓(かんとん)とは狭いところから出て、元に戻らなくなってしまう状態のことです。カントン包茎は、通常、皮をむくことができない状態で、無理に皮をむいたときに、皮がチンチンの先を締め付け、元に戻らなくなってしまう症状になります。
仮性包茎 平常時は皮をかぶっているという症状です。皮を手でむくことは簡単にできます。また、勃起時には亀頭が出てくる場合、亀頭の一部までが出てくる場合があります。

 

真性包茎とカントン包茎は、基本的に、
治療をしないと症状は改善されません。

 

仮性包茎

いつもは皮が余り、かぶっていますが
勃起すると、亀頭が皮から
出てくる状態が仮性包茎です。
皮からでる亀頭部分は、様々なケースがあります。

 

 

勃起しても少ししか亀頭が出ない人もいれば
モロに出て、いわゆるズルムケになる人もいます。
また、手でむこうとすると
簡単に剥けるのも特徴です。
(真性包茎、カントン包茎は簡単にムケません)
一番多いタイプの包茎でもあります。

 

 

この仮性包茎は、特に男性としては
コンプレックスになるものです
腐ったチーズのように臭い、とか早漏だとか
性病になりやすいとか。
女性にも嫌われることもあるという認識が大きいです。

 

 

厳密には、仮性包茎は病気ではないとされますが
コンプレックスとなっているのであれば
それはやはり改善しておくことが
必要ではないかと思います。
私の経験からも。悩むことがあるなら
クリニックなどで一度は話してみてください。

 

 

 

コンプレックス解消には美容手術をおすすめしています。
というのも、包茎のコンプレックスを解消したと思ったら
仕上がりが悪くて、色もツートンで
別のコンプレックスを持ってしまった…。という声があるからです。

 

 

カントン包茎

いつも皮をかぶっていて、剥こうとすると
簡単には剥けず、無理やり剥いてしまうと
痛かったり、元に戻らなくなってしまう
ことあるのがカントン包茎です。

 

 

カントン包茎は、元に戻らなくなってしまうと
とても危険な状態になることがあります。

 

皮は包皮、先の口部分は包皮口といいます。

包皮口にチンチンが挟まって元に戻らなくなると
血が止まってしまう状態になります。
この時に、状態がひどいと、紫に腫れ上がり
さらに最悪の場合は、細胞が
死んでしまうという事態になります。

 

 

こうなると、チンチンは使えなくなったり
他の影響を防ぐため、
切り取らなければならないことも…。
想像を絶する事態です。

 

 

もし、カントン包茎で、チンチンが
皮の中に戻らなくなった場合は
恥ずかしがっている場合ではありませんので、
すぐにクリニック、病院へ向かいましょう。

 

 

そもそも、カントン包茎は病気です。
チンチンにはとても良くない状態なので
早々に治療をしておきましょう。

 

 

コンプレックスからの開放も目的とするなら
やはり、クリニックでの美容手術をおすすめします。

 

真性包茎

この包茎は亀頭が皮で覆われていて
勃起をしても基本的には皮は剥けません。
(少しだけ出ている場合もあります)

 

 

真性包茎は、包皮口が非常に狭く
チンチンが出ることができません。
場合によっては、チンチンと
皮が癒着するケースもあります。

 

 

これは、恥垢が溜まり、不衛生で炎症が起こり
体液が滲出し、癒着が起こることがあるためです。

 

 

この真性包茎も早々に治療をしておくことをオススメします。
一番大きな要因としては前述のとおり不衛生。
衛生的に良い環境の乾燥した
状態を作ることができませんので
細菌類にはうってつけの環境を作ってしまっています。

 

 

剥いて洗うということもできない状態のため
臭いも取ることができませんし、細菌も取り除けません。
こうなると、その他の病気も引き起こす可能性もあります。
膀胱炎や、腎盂腎炎(腎不全)もその可能性の一つです。

 

 

こういった状況をよく理解しておくことで
早々に治療することのメリットを知っておいてください。
真性包茎の期間を長引かせることは
オススメできません。

 

 

まずは、クリニックで相談することで
改善の第一歩を早めに踏み出しましょう。
真性包茎、カントン包茎の方は
早めに相談することをおすすめします。

 

 

次ページ「包茎と病気」へ

 

包茎手術サイト TOPページに戻る