包茎と病気

包茎と病気

包茎で発症しやすい病気

病気の種類

病名

症状

包茎特有のもの 亀頭包皮炎 亀頭と包皮内板に起こる炎症です。恥垢が溜まると起こりやすいとされています。症状は、排尿で痛みが出たり、膿が出たり。ひどい場合は、亀頭と、包皮内板が癒着することもあるそうです。
尿路感染症 尿路感染症は具体的に、膀胱炎、腎盂腎炎という病気になります。尿路は膀胱、尿管などを通りますが、この経路に細菌が入り、増殖することを尿路感染症と呼びます。これも恥垢から雑菌が繁殖し、尿路へ入りやすくなり、発症します。
性感染症 クラミジア尿道炎 排尿時に痛みが出たり、膿が出る症状です。性感染症でとても多い病気です。包茎の場合に、菌が繁殖しやすく、尿路から感染します。
尖形コンジローム 包皮の内側部分や、亀頭のカリ部分にブツブツ発疹ができる症状です。包茎の場合に、菌が繁殖しやすく、尿路から感染します。

 

 包茎は湿っていて、恥垢が溜まりやすく、菌が増殖しやすい!

 

包茎によって、発症しやすい病気もあります。
どの包茎にも共通しますが、包茎は
病気の原因になりやすい、とされています。
理由は、湿っているからなんです。
包茎は、チンチンがいつも皮に包まれているため
いつも湿って知る状態になっています。

 

 

これは、雑菌などが繁殖しやすい環境が
整ってしまっているんですよね。
仮性包茎でも、臭いがキツイ、
腐ったチーズの臭いがする、などと言われるのも
こういったことが原因なんです。

 

 

仮性包茎であれば、洗うことで清潔にすることもできますが
洗った時はいいものの、その後はやはり皮をかぶって、
湿った状態を保ってしまいます。

 

 

対処方法はチンチンを乾いた状態で保つこと。
これによって、雑菌も繁殖しにくく、尿路から入ろうとする
雑菌もいなくなる、という状態になります。

 

 

病気については、自分だけでなく、性行為をすることで
女性の病気にも影響することもあります。
性感染症を移してしまうこともあれば、
包茎は、細菌が多いために、子宮に関わる病気を
誘発させてしまう可能性もあるとされています。

 

 

どの種類の包茎も、菌を繁殖させてしまい
病気に感染しやすくなる
状況を作りやすいのだと思います。
改善方法はいずれにせよ
早目に治療をすることが良いですね。

 

 

次ページ「包茎は不潔?」へ

 

包茎手術サイト TOPページに戻る