私がこのクリニックを選んだ理由

私がこのクリニックを選んだ理由

上野クリニック 包茎手術 美しい仕上がりの根拠

 

特徴

説明

 

複合曲線作図法 これは高度な手術方法で、患者で個別に違う皮のあまり具合を確認し、亀頭から3〜5mmで切除する方法です。この技術を使うことで、傷跡がが隠れ手術したことが目立たず、自然な仕上がりとなります。

 

道具を使い分ける

 

内側の皮は、出血しやすく、痛みがありますが傷が残りにくい。外側の皮は、出血しにくく、痛みが少ないですが傷が残りやすい。こんな特徴を理解し、切開道具を使い分け、徹底した無傷を目指しています。これは上野クリニック独自の手法。また、縫うときには、美容整形用のもっとも細いもので行い、縫合の跡も残らないように行なっています。

 

出血量が少ない 包の下には当然、複数の血管があります。一本ずつ位置を確認して、切除しなければならない場所を確認し一本ずつ止血して手術を行います。この技術であれば、手術中の出血量はたったの2cc程度です。

修正手術実績が多数ある 包茎手術はクリニックにより、仕上がりの状態に大きな差があります。上野クリニックでは多数の修正手術実績がありますが、これは多くの方が、仕上がりに不満があり、愛棒の苦痛、メンタル的な苦痛が多くあるということでもあります。

 

 

私は上野クリニックを選びました。
上野クリニックは全国に多数あるクリニックです。
その中でも私は、横浜駅前医院を選びました。

 

 

上野クリニックを選んだ理由は
仕上がりを重要視していることです。
いくつか手術例も調べました。
包茎の状態を治療するだけの手術だと
亀頭のすぐ下で切って縫合し、傷が目立つこと、
縫合した部分の上と下で色が違い、
ツートンカラーになってしまうのが嫌だったのです。
明らかに「包茎手術しました」という
仕上がりになる手術はしたくなかったんです。

 

 

ツートンカラーになってしまって
別のコンプレックスを抱えることになり
コンプレックスを解消できないようでは
きちんとした解決にならないと思ったからです。

 

 

もし、手術費用を安く抑えて
ツートンカラーになってしまった場合に
もう一度手術をするケースも
あるようなのです。

 

 

こんなことになったら、費用も2回分ですし
2度も手術を受けないといけません。
そうならないよう、一度で解決してもらえるクリニックは
上野クリニックだろうと思ったのです。

 

 

あとは実績も、重要だと思っていました。
上野クリニックは仕上がりに納得がいかず
相談されることも多く、修正再手術も対応していました。

 

 

この修正再手術は通常の包茎手術より
高度な技術が要求されるようですが
上野クリニックの高度な手作業手術で
解決できているくらいなのです。

 

 

そして、病院の姿勢も私は安心できました。
無料カウンセリングを受けた時のことなのですが
「ゆっくり考えて決めてください」と言ってもらい
患者欲しさにガツガツしていなくて、信頼できそう
と思えたからからです。

 

 

結果、私は、上野クリニックの横浜駅前医院を選び
手術を受け、満足しています。
包茎の悩みは解消され、
ツートンカラーで悩むこともありません。

 

 

余談ですが、横浜駅前医院を選んだ理由は
自宅と、職場から少し離れた場所を選びたかったからです。
私は東京都内在住で、職場も都内なので
近くには新宿や上野、八重洲にも
上野クリニックがあります。
ですが、誰にも知られたくないとうことから
あまり行くことのない横浜を選びました。

 

 

多数あるクリニックからどこを選べばいいのか
というのはかなり悩むと思います。
こういった例もあるということで
参考にしていただければと思います。

 

 

次のページ「包茎手術当日 包茎手術を受けました」へ

 

 

包茎手術サイト TOPページに戻る